ミニサイト講座

ミニサイトの収益化方法には大きく分けて2種類あります

 

この記事は、短期間で作成して放置で稼ぐミニサイト作成マニュアルの一部です。

 

 

ミニサイトの収益化方法は2種類あります

 

ミニサイトを収益化する方法にはアドセンスアフィリエイトがあります。

 

普通のサイトを作るときはその両方を使うことが多いですが、

ミニサイトを作るときには基本的にどちらか一方を使います。

 

ミニサイトは情報量が少ないので収益化方法も限定した方が良いです。

それぞれの方法には特徴があるので、これから解説していきます。

 

 

アドセンス型ミニサイト

 

初心者が作るのならアドセンス型ミニサイトがお勧めです。

ニッチなジャンルをまとめたサイトに広告を張れば完成します。

 

収益が出るまでに2~3か月かかりますが、完全放置で稼ぎ続けてくれます。

つまり不労所得です。量産すれば毎月数百万も夢ではありません。

 

完成すれば編集やメンテナンスがほぼ必要ないのがミニサイトの強みです。

アドセンスは爆発的に稼げるわけではありませんが、

アフィリエイトに比べて安定した稼ぎが得られます。

 

アドセンス型ミニサイトは量産したときに真価を発揮するので、

サイトそのものというよりはサイトを作る技術に高い価値があります。

アドセンス型ミニサイトの勉強は、自己投資先としての価値が高いと言えます。

 

また、商品紹介ではなく自分や他人が興味を持っている内容を書くので、

始めやすくてやりがいを感じやすいというメリットもあります。

 

 

アフィリエイト型ミニサイトは難しい

 

ミニサイトに限らずアフィリエイト案件は同業者との競争が起こりやすいです。

アフィリエイト商品は数が限られていて、たくさんの人が参入しているからです。

 

ミニサイトは基本的にニッチで競合が少ない分野を狙って作ります。

なので、たくさんの人がページを量産するようなアフィリエイトとは相性が悪いです。

 

もしやるのなら、誰も手を出していなさそうなアフィリエイト案件を選ぶ必要があります。

たとえば報酬率が極端に悪い案件は競争が起きにくいです。ただし、あまり稼げません。

 

総合的に考えてアフィリエイト型ミニサイトは少なくとも初心者にはお勧めできません。

作成は楽ですが、完成してからどれだけ待っても稼げないサイトになりやすいです。

 

 

アフィリエイト型ミニサイトを成功させる方法

 

最初からアフィリエイト型ミニサイトを作るのは推奨しません。

しかし、うまく稼ぐ方法はあります。

 

例えば、楽天Amazon の商品を紹介する場合です。

全商品がアフィリエイト報酬の対象なので、競争が少ない商品がたくさんあります。

もし商品紹介をしたいのなら、ASPではなく楽天や Amazon を利用しましょう。

 

報酬率は1~2%とかなり低いですが、信頼性が高いサイトなので購入率が高いです。

初心者でも稼ぎやすく、成功体験を積みやすいのでお勧めです。

 

 

また、効率は悪いですが上手く誘導することで稼げる場合もあります。

 

たとえば高報酬のアフィリエイト案件としてクレジットカード系がありますが、

クレジットカード関連のミニサイトを作っても競争が激しすぎてまず稼げません。

 

しかし、大学一年生を集めるミニサイトを作れば上手くいくかもしれません。

大学一年生はクレジットカードを作ろうとする人が多い時期です。

 

「マイナーな大学の偏差値と卒業した有名人まとめ」みたいなサイトを作って、

マイナー大学に通う生徒を集めてクレカを紹介をすると結構上手くいきます。

自分と同じ大学出身の有名人を調べて自己肯定感を高めようとする心理を突きます。

 

「大学生が女子にモテるクレカ」みたいなタイトルで記事を書けば普通に契約してくれます。

ただ、全ての大学生がクレカを欲しいと思っているわけではないのでやはり効率は悪いです。

この方針はアドセンスとの両立も狙えるので、最低限の稼ぎはしてくれます。

 

 

ここで大切なポイントは集客です。

 

クレジットカードを欲しいと思っている人の集客は競争が強すぎて無理なので、

クレカを欲しがりそうな大学一年生を集客する路線にシフトしています。

 

大学生でなくとも、代引きやコンビニ支払いを面倒に思っている人とかでもできます。

アフィリエイト商品を欲しがりそうな人を一定数集めればある程度の稼ぎにはなります。

 

 

アドセンスとアフィリエイトの両立も一応できます

 

ミニサイトでアドセンスとアフィリエイトの両立は一応できます。

ただ、何も考えずにやると失敗しやすいです。

 

アフィリエイトはサイトの信頼性を下げるという欠点があり、

アドセンスは訪問者にとって広告が邪魔になるという欠点があります。

 

アドセンスサイトにさりげなく関連するアフィリエイト商品を入れたり、

アフィリエイトサイトの端っこにアドセンス広告を入れるやり方なら大丈夫です。

 

アフィリエイトサイトにアドセンス広告を入れると収益が落ちることがあります。

これは、サイトが見にくくなって離脱率が増えるのが理由と考えられています。

 

むやみにいろいろ詰め込み過ぎると逆効果になるので注意して下さい。

両立するにしても、どちらをメインにするかは意識した方が良いです。

 

繰り返しますが、初めてミニサイトを作る人にはアドセンス型をお勧めします。

そこそこ人が集まってきたら、客層に合わせてアフィリエイトに派生するのもアリです。

 

-ミニサイト講座