ミニサイト講座

ミニサイトを作る前にサイト設計を決めることが必要不可欠です

 

この記事は、短期間で作成して放置で稼ぐミニサイト作成マニュアルの一部です。

 

 

まずはカテゴリーと記事タイトルを決めます

 

ミニサイトの設計はカテゴリーと記事タイトルを決めることから始まります。

これはサイトの骨格になるので、必ず最初に決めておく必要があります。

 

言葉だけではわかりにくいと思うので一つ例を挙げます。

初心者向けの筋トレを題材にしたミニサイトを作ると仮定します。

 

まずはカテゴリーを決めます。とりあえず以下の4つにします。

トレーニングメニュー筋トレグッズ筋トレ後の変化筋トレの注意点

 

次に、それぞれのカテゴリーに加える記事のタイトルを決めます。

 

トレーニングメニュー

・上腕二頭筋を鍛えるトレーニング

・腹筋を鍛えるトレーニング

・背筋を鍛えるトレーニング

・大胸筋を鍛えるトレーニング

 

筋トレグッズ

・筋トレの効率を上げるためのおすすめのダンベルを紹介

・腹筋と背筋のトレーニングがはかどる筋トレ用の台を紹介

・大胸筋を最大限に鍛えるための極太のゴム紐を紹介

 

筋トレ後の変化

・筋トレ1か月目のビフォーアフター

・筋トレ3か月目のビフォーアフター

・筋トレで自身がついて人間関係が良くなった話

・筋トレしてから明らかにモテるようになった話

 

筋トレの注意点

・筋トレは適度に休むことで効率良く鍛えられる

・無理して故障しないためのストレッチの重要性

・筋トレをした後はタンパク質を摂取して筋肉を回復させよう

 

大体こんな感じです。

けっこう雑ですが雰囲気は掴めたと思います。

 

カテゴリー記事タイトルを決めればサイトの全体像が見えてきます。

情報を綺麗にまとめるために、これらを先に決める必要があると分かればOKです。

 

 

カテゴリーと記事タイトルの決め方

 

次は、カテゴリーと記事タイトルの決め方についての解説です。

カテゴリーと記事タイトルは、サイトのジャンル(サイト名)から決めます。

 

サイト名が「名古屋のインド料理屋さん」なら、地域でカテゴリー分けします。

「天白区」とか「港区」とかですね。

 

記事タイトルは具体的なお店の名前と特徴から作ります。

「インド料理ジーラ 日本人の口に合うインド料理店」

「ドリンクもナンも食べ放題のインド料理店 "コヒヌール" をご紹介」などです。

 

天白区に実在する店名を引用してきました。

ここで、名古屋市のインド料理店の数が想像より多かったことに気づきました。

これではミニサイトで作るのは難しいかもしれません。

 

カテゴリーと記事タイトルから始めると、そういうことに企画段階から気付けます。

ミニサイトを作るのなら、「天白区のインド料理屋さん」とかにした方が良さそうです。

 

 

サイトの設計

 

カテゴリーと記事名を決めたら、次はサイトの設計を決めます。

これは以下の2点を気にしていればそれなりにまとまります。

 

・ トップページに全てのカテゴリーページへのリンクを張る

・ カテゴリーページからワンクリックで記事を開けるようにする

 

グーグルの検索結果 ➡ トップページ ➡ カテゴリーページ ➡ 記事

 

この流れのように3クリックで目的の内容に到達できることを意識してください。

ミニサイトはこの便利さをアピールすることが大切です。

 

サイト内にある合計記事数が5~30記事くらいなら、

トップページから全部の記事に移動できるようにしましょう。

利用者にとって便利なサイト設計を意識することが大切です。

 

 

まとめ

 

今回はミニサイトのサイト設計について解説しました。

サイト設計は、カテゴリー記事タイトルを決めるところから始まります。

 

そのカテゴリーと記事タイトルは、ミニサイトのジャンルから作ります。

サイト設計でいい案が思いつかなかったらジャンルから考え直すのもアリです。

ニッチなだけでなく、自分が書けそうなジャンルを選びましょう。

 

サイトを早く作りたいと思う人もいるかもしれませんが、

ミニサイトは適当に作っても上手くいかないので十分に時間をかけて考えましょう。

-ミニサイト講座