サイト作成の基礎

ワードプレスでサイトを作るために必要な最低限の操作知識まとめ

 

この記事ではワードプレスでサイトを作るために必要な最低限の操作を解説しています。

本サイトの方針から、サーバーは mixhost、テーマは AFFINGER を想定しています。

 

サーバーやテーマが違っても大体の機能は同じなので参考にはなると思います。

 

 

ワードプレスを開いたところから解説を始めます

 

まずはワードプレスにログインしてください。

「ドメイン名/wp-admin/」アドレスバーに入力すればログイン画面に行けます。

ドメイン名には自分が取得したドメイン名を具体的に入力してください。

 

ログインすると、以下のような「ダッシュボード」の画面に移動します。

操作に最も関わるのは赤矢印で示した左側の部分です。

 

 

左側の部分を拡大します。

 

 

これらの項目から、サイトの作成に最低限必要なものだけをピックアップして解説します。

※「テンプレート」はプラグインで追加されている項目です

 

 

「投稿」の機能

 

さっきの画像の上の方にある「投稿」について解説します。

この項目は新しい記事を追加するときに使います。

 

 

「投稿」にカーソルを合わせると右の方にいろいろ出てきます。

 

「投稿一覧」は投稿記事の一覧画面を開くことができます。

「新規追加」は新規記事を書き始めるときに使います。「投稿一覧」からも移動できます。

「カテゴリー」は記事のカテゴリーを管理する画面に移動できます。

「タグ」は記事のタグを管理できる画面に移動できます。

 

新しく記事を投稿するときは「新規追加」を選択して記事を書きます。

書いた記事を修正したり管理する時には「投稿一覧」を選択します。

 

カテゴリーとタグは似ていますが、基本的にカテゴリーだけを使えばOKです。

タグはもっと細かく管理したいときに使いましょう。

 

 

「固定ページ」の機能

 

次は「固定ページ」について解説します。

固定ページは一般的な記事とは違う種類のページです。

 

「サイトの説明」「ごあいさつ」「お問い合わせ」などを書くときに使います。

固定ページで作成した記事はサイトの上の方のバーに表示されます。

 

 

「固定ページ」にカーソルを合わせると横に2つ項目が出てきます。

 

「固定ページ一覧」は固定ページを管理する画面に移動できます。

「新規追加」は新しい固定ページを追加するときに使います。

 

固定ページは普通の記事の投稿と同じ手順で作ればOKです。

サイト管理人として自己紹介ページなどを作るときには固定ページを使うことが多いです。

 

 

「プラグイン」の機能

 

プラグインはワードプレスの機能を増やしてくれるアプリみたいなものです。

 

 

「インストール済みプラグイン」では自分が取得したプラグインを管理できます。

「新規追加」ではプラグインを新しく追加できます。

「プラグインエディター」はプラグインの製作者向けなので無視でOKです。

 

「インストール済みプラグイン」では所持しているプラグインを削除したりもできます。

プラグインの新規追加は基本的にプラグイン名を検索して追加します。

 

 

テンプレートについて紹介

 

テンプレートはプラグインを加えることで追加できます。

記事のテンプレートを作成することで記事作成を効率化できます。

 

 

プラグインの名前は「TinyMCE Templates」です。

とても便利なプラグインなのでおすすめです。

 

 

 

さいごに

 

今回紹介した機能を使えればサイトに記事を追加できます。

他にも色々な機能がありますが、少しずつ調べながら覚えていきましょう。

 

-サイト作成の基礎